こなろぐ

富士フイルムの「X-T20」で撮影した日々の写真を記録するだけのブログです

カメラバッグ「エンデュランス」を愛用することになるとは思ってもいなかった

f:id:StrawberryNews:20181003225201j:plain

FUJIFILM X-T20

FUJINON XF 56mm F1.2 R

56mm F1.2 SS1/85 ISO3200

 

カメラを持たずに外出することはほぼありません。

近所のスーパーやコンビニに行くときでさえ、必ずカメラを持ち歩きますので、カメラを収納するバッグは必須となります。

  

conalog.hatenablog.jp

 

conalog.hatenablog.jp

  

これまでも数多くのカメラバッグを使い続けてきましたが、2018年現在は「エンデュランス」というリュックタイプのカメラバッグを愛用しています。

別のブログでレビュー記事を投稿しています。

kotomono.hatenablog.com

 

ショルダーバッグタイプのカメラバッグばかり使ってきましたが、エンデュランスはリュックタイプにもかかわらず、ショルダーバッグと同じくらい使いやすいバッグなのです。

大げさなほど大型なカメラバッグですが、いまではどこに行くにも背負っていくほどのお気に入りのバッグとなりました。

朝日夕日はベルビアの独壇場

f:id:StrawberryNews:20180921175601j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R
56mm F4.0 SS1/85 ISO250 Velvia

西の空が真っ赤に焼けていたので写真をパチリ。
焼けるような赤を表現したいのならばベルビアがやはり一番でしょう。
その日の思い出を一瞬で蘇らせる鮮やかな色は、富士フイルムの特権ともいえます。

続きを読む

カラフルなベルビアの使いみち

f:id:StrawberryNews:20180915122746j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R
56mm F1.2 SS1/6400 ISO200

”色”で占められた画を表現するために”ベルビア”は最適だと思います。
実物以上の表現をしてくれるフィルムシミュレーションですので、被写体が勝手に生き生きとします。
ただし、ベルビアの表現に慣れすぎてしまうと、被写体のもつ本来の色味が失われ、他のフィルムシミュレーションが物足りなくなるという諸刃の剣でもありますので、その点は注意が必要可と思います。

続きを読む

「FUJINON XF 56mm F1.2 R」が好きすぎるあまり、専用ブログを立ち上げました

地震から数日経過し、直接の物的影響のなかった当地は日常に戻りつつあります。
たくさんの方の努力、支援によるものだと感謝いたします。

さて、「写真」をもう少し気軽に表現したいため、自由な写ブログを立ち上げました。

XF56

XF 56mmでモノクロ写真を撮り続けるだけブログです。
よろしければぜひお立ち寄りください。

平成30年9月6日、北海道胆振東部地震

現在、北海道は最大震度7という地震に見舞われています。
私の住む地域は幸いにして被害は少ないほうですが、停電、断水等、様々な被害が出ております。

一日も早く、皆が日常生活をおくることができるよう、がんばりましょう。