こなろぐ

富士フイルムの「X-T20」で撮影した日々の写真を記録するだけのブログです

「緑はベルビア」は正解か

f:id:StrawberryNews:20180901111815j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R
56mm F1.2 SS1/2200 ISO200 Velvia

正解です!
緑をより緑に撮影するのであればフィルムシミュレーション「ベルビア」は大正解だと思います。
その他、空をより青々と取る場合にも有効ですね。

もちろん、枯れや寂しさを表現するには向かないことは想像がつきます。

今回の写真はちょっと小雨が降るくらいの悪天候でしたが、それを物ともしない表現力となっています。



スポンサードリンク



フィルムシミュレーション

f:id:StrawberryNews:20180901111816j:plain
PROVIA
やはり見た目に一番近い素直な表現はプロビアでしょうか。
ただ、今回の被写体では物足りない感じがしますね。

f:id:StrawberryNews:20180901111817j:plain
ASTIA
アスティアは緑の鮮やかさはベリビアには敵わないのですが、独特の優しさが素晴らしい表現ですね。
個人的には「何でも撮れる」フィルムシミュレーションだと思っています。

f:id:StrawberryNews:20180901111818j:plain
CLASSIC CHROME
一気に秋を感じされるクラシッククロームですが、表現の目的がはっきりしているので使いやすい色です。

f:id:StrawberryNews:20180901111819j:plain
ACROS
アクロスはもう、これだけでご飯3杯です。