こなろぐ

富士フイルムの「X-T20」で撮影した日々の写真を記録するだけのブログです

X-T20でFilmSimulationをシミュレーションするブログへ

D500を使おうかと思いましたが、やはりミラーレスカメラの利便性と、富士の絵作りが忘れられず、もうしばらくX-T20を使っていこうと思います。

f:id:StrawberryNews:20180828110919j:plain
FUJIFILM X-T20
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR
16mm F1.4 SS1/60 ISO640 CLASSIC CHROME

富士フイルムのミラーレスカメラを使う上で、私自身もまだまだ使いこなせていない”フィルムシミュレーション”を学んでいこうと思い、主なフィルムシミュレーションの絵作りの違いを比較していこうと思い立ちました。
上の写真はカメラ内でフィルムシミュレーションをクラシッククロームに設定して撮影した写真です。
若干のパラメーターの変更を加えています。

ハイライトトーン +1
シャドウトーン −1
カラー −1
シャープネス +1
ノイズリダクション −3

このパラメーターのまま、フィルムシミュレーションだけを変更したのが、以下の写真です。
f:id:StrawberryNews:20180828110920j:plain
PROVIA

f:id:StrawberryNews:20180828110921j:plain
Velvia

f:id:StrawberryNews:20180828110922j:plain
ASTIA

f:id:StrawberryNews:20180828110923j:plain
CLASSIC CHROME

f:id:StrawberryNews:20180828110924j:plain
PRO Neg.Hi

f:id:StrawberryNews:20180828110925j:plain
PRO Neg.Std

f:id:StrawberryNews:20180828110926j:plain
ACROS

f:id:StrawberryNews:20180828143207j:plain

どのフィルムシミュレーションもそれぞれに味があって良いんですよね。
写真によるフィルムシミュレーションの味付けの違いを追っていきたいと思います。