こなろぐ

富士フイルムの「X-T20」で撮影した日々の写真を記録するだけのブログです

開放バカには最高な富士フイルム「X-T20」と「XF 56mm F1.2」の組み合わせ

FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R 56mm F1.2 SS1/6000 ISO200 ACROSレンズの開放値ばかりで撮影する通称”開放バカ”です、私は。 大口径単焦点レンズは特に、絞って使うことがもったいないとの想いや、無駄にボケボケの写真が好きな”初心者から脱してい…

圧倒的な描写力が大口径望遠ズームの宿命

FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR 140mm F2.8 SS1/850 ISO200 PROVIA富士フイルムの大口径望遠ズームは「XF 50-140mm F2.8」のみです。 他に選択肢はありませんが、他に選択する必要もないほどの描写性能があります。 AFは高速で正確、…

F1.2を振り回す毎日

FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R 56mm F1.2 SS1/2000 ISO200 ASTIA基本的に付けっぱなしになっているレンズが”56mm”です。 マクロ以外は何でも来いの万能レンズとして酷使しています。X-T20はメカシャッターで8連写/秒、電子シャッターでは14連写…

フィルムシミュレーションを楽しみたいなら富士フイルム「FUJIFILM X RAW STUDIO」で決まり!

FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R 56mm F1.2 SS1/3000 ISO200 Velvia当ブログでは各種フィルムシミュレーションの比較を主に行っていくことにしています。 そのため、一枚のRAW写真から各フィルムシミュレーションを現像しているわけですが、”本来のフ…

「緑はベルビア」は正解か

FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R 56mm F1.2 SS1/2200 ISO200 Velvia正解です! 緑をより緑に撮影するのであればフィルムシミュレーション「ベルビア」は大正解だと思います。 その他、空をより青々と取る場合にも有効ですね。もちろん、枯れや寂しさ…