こなろぐ

富士フイルムの「X-T20」で撮影した日々の写真を記録するだけのブログです

開放バカには最高な富士フイルム「X-T20」と「XF 56mm F1.2」の組み合わせ

f:id:StrawberryNews:20180901150636j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R
56mm F1.2 SS1/6000 ISO200 ACROS

レンズの開放値ばかりで撮影する通称”開放バカ”です、私は。
大口径単焦点レンズは特に、絞って使うことがもったいないとの想いや、無駄にボケボケの写真が好きな”初心者から脱していない”ためでもあります。
特に超大口径ともいえるF値1.2のXF 56mmは、開放の写りが素晴らしいこともあって、ほぼ開放ばかりで撮影しています。

この素晴らしいレンズに組み合わせるボディはX-T20なのですが、シャッタースピードに関しては中級機であることが否めません。
カニカルシャッターの最高速は「1/4000秒」となっており、上位機種のと比較すると少し物足りないところです。

しかし、電子シャッターに目を向けると一気に他社のフラッグシップをも軽く凌駕する性能を見せ始めます。
「1/32000秒」
この数字は、電子シャッター以外には考えることができなかった世界であり、F1.2との相性が抜群なのです。

今回の掲載写真も、シャッタースピードは1/6000秒となっており、メカニカルシャッターでは撮影できなかった写真です。
晴天の屋外だと、電子シャッターを搭載していなければF1.2の開放を味わうこともできないことになります。

そんなわけもあり、開放バカには最高な組み合わせでもある両機のおかげで、実に楽しいカメラライフを送ることができています。

続きを読む

圧倒的な描写力が大口径望遠ズームの宿命

f:id:StrawberryNews:20180901144154j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR
140mm F2.8 SS1/850 ISO200 PROVIA

富士フイルムの大口径望遠ズームは「XF 50-140mm F2.8」のみです。
他に選択肢はありませんが、他に選択する必要もないほどの描写性能があります。
AFは高速で正確、食いつきもよく手ぶれ補正もよく効きます。
それ以上にズームレンズとは思えないほどの線の細い描写が素晴らしい点です。

一般的に単焦点レンズに比べ、ズームレンズの描写は線が太く、力強い描写になりがちですが、このレンズは実に繊細な表現ができるのです。

等倍でみても全く問題のない表現力があるのも、魅力的です。
f:id:StrawberryNews:20180903190633p:plain
こちらが上の写真の等倍です。

ブログサイズ程度では全く問題がなく、等倍のトリミングと言われなければわからないほどです。

単焦点レンズばかりが注目される富士のレンズですが、ズームレンズも素晴らしいレンズが揃っていますよ。

続きを読む

F1.2を振り回す毎日

f:id:StrawberryNews:20180901140518j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R
56mm F1.2 SS1/2000 ISO200 ASTIA

基本的に付けっぱなしになっているレンズが”56mm”です。
マクロ以外は何でも来いの万能レンズとして酷使しています。

X-T20はメカシャッターで8連写/秒、電子シャッターでは14連写/秒の撮影が可能ですので、今回のような動き回る被写体でも、ひたすら連射連射で対応します。

f:id:StrawberryNews:20180903164942j:plain
水中で息を吐きながら浮上するまで。

眼の前の光景にただシャッターを切るばかりでした。

続きを読む

フィルムシミュレーションを楽しみたいなら富士フイルム「FUJIFILM X RAW STUDIO」で決まり!

f:id:StrawberryNews:20180901134643j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R
56mm F1.2 SS1/3000 ISO200 Velvia

当ブログでは各種フィルムシミュレーションの比較を主に行っていくことにしています。
そのため、一枚のRAW写真から各フィルムシミュレーションを現像しているわけですが、”本来のフィルムシミュレーション”を出力する手段は実は多くありません。
そんな中で唯一のRAW現像ソフトが富士フイルム純正の「FUJIFILM X RAW STUDIO」になります。
FUJIFILM X RAW STUDIO:ダウンロード | 富士フイルム


f:id:StrawberryNews:20180903155016p:plain
こちらがFUJIFILM X RAW STUDIOの画面です。
これは、「PCで現像を行うソフトではなく、PCと接続したカメラで現像を行うソフト」になります。
少し特殊なソフトですが、カメラ内現像をPC上で行うものです。

ですので、カメラ内現像を行う結果と同じ画像が作られますので、本物のフィルムシミュレーションということになります。

現像作業がマシンパワーに左右されませんので、快適な現像作業を行うことができます。
また、カメラで設定できるステータスは全て設定できて、その効果をPCの画面上で確認できますので、各種ステータスの画像への影響を確認しならが自由にイジクルことができます。

発想の転換とも言える、純正メーカー製のソフトとは思えないほどの面白いソフトですので、ぜひとも使ってみることをおすすめします。

続きを読む

「緑はベルビア」は正解か

f:id:StrawberryNews:20180901111815j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R
56mm F1.2 SS1/2200 ISO200 Velvia

正解です!
緑をより緑に撮影するのであればフィルムシミュレーション「ベルビア」は大正解だと思います。
その他、空をより青々と取る場合にも有効ですね。

もちろん、枯れや寂しさを表現するには向かないことは想像がつきます。

今回の写真はちょっと小雨が降るくらいの悪天候でしたが、それを物ともしない表現力となっています。

続きを読む