コナログ ~フィルムシミュレーションのレビュー~

趣味は写真とカメラとカメラバッグ収集。好きなアーティストはAimer。数多くのデジタルカメラをとっかえひっかえした経験から、現在使用中の富士フイルム「X-T20」のフィルムシミュレーションをレビューします

F1.2を振り回す毎日

f:id:StrawberryNews:20180901140518j:plain
FUJIFILM X-T20 FUJINON XF 56mm F1.2 R
56mm F1.2 SS1/2000 ISO200 ASTIA

基本的に付けっぱなしになっているレンズが”56mm”です。
マクロ以外は何でも来いの万能レンズとして酷使しています。

X-T20はメカシャッターで8連写/秒、電子シャッターでは14連写/秒の撮影が可能ですので、今回のような動き回る被写体でも、ひたすら連射連射で対応します。

f:id:StrawberryNews:20180903164942j:plain
水中で息を吐きながら浮上するまで。

眼の前の光景にただシャッターを切るばかりでした。


スポンサードリンク



フィルムシミュレーション

f:id:StrawberryNews:20180901140519j:plain
CLASSIC CHROME
なんでもおしゃれにはクラシッククロームの出番です。
生物に対してもいい表現で応えてくれます。

f:id:StrawberryNews:20180901140520j:plain
ACROS
アクロスでシャドウ側を落としてみました。
モノクロ表現は本当に楽しいですね。