読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CoNaLog ~Nikon D750 BLOG~

Nikon D750で綴るモノクロフォトログ

チルト液晶が便利なOLYMPUS OM-D E-M1

(カメラ)OLYMPUS OM-D E-M1 (レンズ)Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95

P4121747
OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95

デジタルカメラLCDに関して、現行では「固定」「チルト」「バリアングル」の3種類が主流かと思われます。

それぞれに利点があるのですが、私は断然「チルト」方式が好みです。
その理由は「腰高にカメラを構えて撮影するのが容易であるため」です。

液晶をクルリと傾けるだけで、すぐに腰高での撮影に写ることが出来、ファインダー撮影では屈まなければ撮れない画が簡単に撮れます。
もちろん、縦位置での撮影が多い方にはチルト液晶のメリットはなくなってしまうので、バリアングルがいいかとは思いますが、腰高位置での撮影をよくする私にとっては、このチルト方式の液晶はマストとなっています。

当記事の写真もそうですが、チルト液晶を利用すれば「正面を向いたまま、真上の写真を撮ることも可能」です。
このように、視線とレンズの向きを変えることで、いつもと違う視点を持つことが出来ました。


スポンサードリンク