コナログ ~FujiFilm X-T20~

FujiFilm X-T20で綴るモノクロフォトログ

RAW現像はRaw Therapeeを利用

P4121741
OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95

ニコンを使用していた時は、基本的にRAWで撮影し現像することが多かったのですが、FUJIFILM X100Sを使用するようになってからは、JPEG撮って出しを良く利用するようになりました。

いまでも富士フイルムの画作りだけは素晴らしいものだと思っているのでFUJIFILM X100SだけはJPEG撮って出しを利用しているのですが、OLYMPUS OM-D E-M1はRAWを使用することにしました。

OLYMPUS OM-D E-M1導入当初はJPEGも多様していましたが、Raw Therapeeを利用しての画作りとE-M1の画が妙にマッチするので、RAW撮りで行くことにしました。

当記事の画像も元画像をおもいっきりグリーンに振り周辺光量を落としています。
あまり、加工画像は掲載してこなかったのですが、これからは積極的に利用していきたと思います。


スポンサードリンク