CoNaLog ~Nikon D750 BLOG~

Nikon D750で綴るモノクロフォトログ

(レンズ)Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95

color photography #102

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95きらきらひかる雪の上に光が注ぎ、きらりきらめく スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

color photography #101

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95ゆるりと盛大に。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

monochrome photography #120

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95一旦停止。してみましょうか。以前、富士フイルムのミラーレス「pro1・T-10・E-1」やコンパクト「x100s・x100t」を使用していました。 富士フイルムの写りの良さは知っていましたが、”デジカメ”としてこなれていない…

color photography #100

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95昭和の色を再現したい。 RawTherapeeでフィルムシミュレーションにあれやこれや。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

monochrome photography #119

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95白黒の写りがとても映えるカメラとレンズです。マイクロフォーサーズに限らず、ライブビューでの撮影は撮影対象や周りに対する威圧感が圧倒的に少ないため、気軽に何でも撮影することができます。 さらにE-M1は本格…

monochrome photography #118

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95E-M1とモノクロ写真は相性が良さそうです。 ラフモノクロームの用にキツめに落とし込んであげると、なんとも言えない味が生まれます。 最近はカメラやレンズの写りの凄さよりも、味が好きになりつつあります。さて、…

monochrome photography #116

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95お気に入りのトラベラーズノート。 どこへいくにも持ち歩く道具ですので、まるでカメラとセットのような存在となりました。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

color photography #97

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95雪にも表情があり、その顔を見るために寒い中カメラを持ち出しています。 MFであるノクトンとE-M1の組み合わせは、ミラーレスカメラにもかかわらず、一眼レフより”カメラしている感”が強く、不思議な感覚におそわれ…

color photography #96

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95ちょっと絞るだけで目の覚めるような写りに変身します。 このレンズの二面性が魅力的で、写りとは別の何か妙な立体感を表現できる所が気に入って使っています。 "0.95"シリーズを揃えたくなってしまう所が恐ろしいと…

color photography #93

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95ぼやくぼやかすぼやかせる スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

color photography #92

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95分厚いトラベラーズノートですが、普段はスマホは入っていませんのでもう少しスマートです。 たまに、スマホの持ち運び用としても利用しています。 何か”ホルダー”の様な改造ができればもっと便利になるのでしょうか…

color photography #91

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95欲望は果てしなく、コレだけの写りを見せるレンズがありながら、オートフォーカスのレンズも手に入れたくなってしまうという。 あぁ、物欲物欲。NOKTON ”F0.95”シリーズは無理やり最短撮影距離を伸ばしている関係か…

color photography #89

OLYMPUS OM-D E-M1 NOKTON 42.5mm F0.95”OLYMPUS OM-D E-M1”と”NOKTON 42.5mm F0.95”を再導入しました。 更に本体と同時に”M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO”も購入しました。 小型で軽量なマイクロフォーサーズシステムに回帰してみます。 持ち出し…

春の象徴 ふきのとう を発見

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95ようやくあちこちにふきのとうが見られる季節になってきた北国です。子どもとのお散歩に持ち出すにもためらわれない重さのミラーレスカメラは、子育て世代には手放しでオススメできます。 スポンサード…

E-M1のチルト液晶を便利に利用していきたい

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95先の記事でも触れましたが、腰高での撮影時に便利に利用しているチルト液晶ですが、地面すれすれからの撮影に便利というほうが一般的でしょうか。ファインダーのみの撮影では地面に寝転ぶ、若しくはノー…

季節の隙間

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95秋と冬の間。 冬と春の間。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

いつもお世話になっています

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95そろそろ次へのバトンタッチが近づいてきたブロアーですが、次に使いたいと思っているのも、同じハクバのブロアーでしょうか。バッグ内で暴れても傷がつきにくそうな素材と、手頃な価格。 大きさも今の…

Command

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95さぁそのボタンを押して。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

北国にもようやく春の風が吹き始めました

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95木々や草木も芽吹き始め、日差しや風にすっかり春の匂いを感じることが出来ます。何も特別なことはありませんが、子どもたちが成長し、日々不自由なく生活できていることに、ただただ感謝しているところ…

チルト液晶が便利なOLYMPUS OM-D E-M1

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95デジタルカメラのLCDに関して、現行では「固定」「チルト」「バリアングル」の3種類が主流かと思われます。それぞれに利点があるのですが、私は断然「チルト」方式が好みです。 その理由は「腰高にカメ…

上を向いて歩こう

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95カメラを持ち歩いて初めて見つける景色。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95のボケボケ

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95開放マクロはボケボケで芯を見つけるのも困難です。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

RAW現像はRaw Therapeeを利用

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95ニコンを使用していた時は、基本的にRAWで撮影し現像することが多かったのですが、FUJIFILM X100Sを使用するようになってからは、JPEG撮って出しを良く利用するようになりました。いまでも富士フイルム…

目と口

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95目と口の椅子。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

夢の世界でショッピング

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95目の輝きが違いますね。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95はどこまでも自由

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95開放からちょっと絞った画、がっつり絞った画とそれぞれに特徴があり楽しむことが出来ます。また、遠景からマクロ撮影と、距離に関してもとても自由度の高い撮影が可能です。近接でのテーブルフォト、遠…

カラフルアート...片付かないおもちゃ達

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95親に似て子どもたちも片付けが得意ではないらしいです。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

嫌煙

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95たばこは嫌い。 このような結果を生む事実があるから。

白線

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95人工的な白い色。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

三色信号カンカンカン

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95赤青黃の揃い踏み。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95のファーストインプレッション

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95 Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95を導入 マイクロフォーサーズマウントに戻ることを考えた時に、ノクトン F0.95シリーズが頭に浮かびました。 過去に「Voigtlander NOKTON 25mm F0.95」を使用していた…

OLYMPUS OM-D E-M1のフットワークの軽さは武器になる

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95持ち運べるシステムというのはやはり大きな武器になることを実感しました。 どこにでも持ち運べることと、どこでも取り出せることと撮り出せること。図らずもスマートフォンの普及によって写真を撮ると…

マイクロフォーサーズはボケないは真か

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95この画像を見て、ボケが足りないと感じる人は少ないと思います。マイクロフォーサーズレンズ群は総じて「寄れる」レンズが多くあります。 また、Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95のように、センサーサイ…

OLYMPUS OM-D E-M1のレビューにならないファーストインプレッション

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95まだまだ導入まもない状態ですので当たり前のことしか見いだせていませんが、OLYMPUS OM-D E-M1のファーストインプレッションとして記事にしていきましょう。 なんといってもボディー内5軸手ぶれ補正 オ…

小さいことはいいことか

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95先の記事でも触れましたが、小型センサーのカメラは大型センサーのカメラに比べ「画質」という面ではどうあがいても勝負になりません。それは変えようのない事実です。しかし、実質面においてどの程度ま…

マイクロフォーサーズを導入するということ

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95過去に多くのカメラを使用してきました。 そのたびに入れ替えを行うのですが、今回もそうなってしまうのでしょうか。 重いカメラを使用しているときは軽いカメラを、軽いカメラを使用しているときは重い…

OLYMPUS OM-D E-M1 と Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95 を導入

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95過去に「パナソニック GH1」で、マイクロフォーサーズシステム群を使用していた事があります。 当時はマイクロフォーサーズはまだまだ成熟期で、一眼レフ機との差が歴然としていました。 その頃、発売し…