コナログ ~FujiFilm X-T20~

FujiFilm X-T20で綴るモノクロフォトログ

(カメラ)OLYMPUS OM-D E-M1

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROとチューリップとの相性は

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO決して悪く無いと思います。むしろ良いほうだと思います。いえ、もうほんと大好きです。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

さくらさくらの芝桜

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO桜の絨毯とは正にこのこと。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ガーデンプール

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO箱庭の中の小さな世界。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

また来年もよろしくね

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROいつもどおりの幸せ。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

旅行から散歩まで カメラを持ち歩くのが当たり前の環境

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO写真を趣味にしている人は多数いると思いますが、写真という趣味は一括りに出来ないほど様々なジャンルがあります。 カメラを持ち出す場所や頻度は人それぞれです。 ある一定の被写体に特化したカ…

サンニッパで楽しむスナップ撮影

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROサンニッパをどこにでも持ち出せる自由度の高さは素晴らしいものです。 スナップ撮影がメインの私にとって、持ち出せるということは最も重要視すべき点でもあります。シグマのサンニッパズームも重…

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROのボケ味は硬めのオリンパス流

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROオリンパス機自体が解像感を重視したカリカリの画を作成する傾向にありますので、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO自体も解像感を重視して企画されたレンズであることは明白です。一般的に解…

境界

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROそっちの椅子に座ろうとしたけど、なんだかすごく遠くに感じたから、もう少しだけここにいることにしたんだ。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

持ち運べるサンニッパズーム M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROシグマのサンニッパズームとは比べるべくもなく、その携帯性の良さは特筆すべき点だと思います。 どこにでも持ち出せるサンニッパの世界はフシギな魅力があります。 でも、ボケ味に関しては換算「…

桜の季節にも相性抜群だった「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の話

OLYMPUS OM-D E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROマイクロフォーサーズを使用している方にとっては、現状では最高峰といえるレンズがこの「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」になります。マイクロフォーサーズレンズとは思えないほどのサイ…

春の象徴 ふきのとう を発見

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95ようやくあちこちにふきのとうが見られる季節になってきた北国です。子どもとのお散歩に持ち出すにもためらわれない重さのミラーレスカメラは、子育て世代には手放しでオススメできます。 スポンサード…

E-M1のチルト液晶を便利に利用していきたい

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95先の記事でも触れましたが、腰高での撮影時に便利に利用しているチルト液晶ですが、地面すれすれからの撮影に便利というほうが一般的でしょうか。ファインダーのみの撮影では地面に寝転ぶ、若しくはノー…

季節の隙間

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95秋と冬の間。 冬と春の間。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

いつもお世話になっています

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95そろそろ次へのバトンタッチが近づいてきたブロアーですが、次に使いたいと思っているのも、同じハクバのブロアーでしょうか。バッグ内で暴れても傷がつきにくそうな素材と、手頃な価格。 大きさも今の…

Command

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95さぁそのボタンを押して。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

北国にもようやく春の風が吹き始めました

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95木々や草木も芽吹き始め、日差しや風にすっかり春の匂いを感じることが出来ます。何も特別なことはありませんが、子どもたちが成長し、日々不自由なく生活できていることに、ただただ感謝しているところ…

チルト液晶が便利なOLYMPUS OM-D E-M1

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95デジタルカメラのLCDに関して、現行では「固定」「チルト」「バリアングル」の3種類が主流かと思われます。それぞれに利点があるのですが、私は断然「チルト」方式が好みです。 その理由は「腰高にカメ…

上を向いて歩こう

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95カメラを持ち歩いて初めて見つける景色。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95のボケボケ

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95開放マクロはボケボケで芯を見つけるのも困難です。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

RAW現像はRaw Therapeeを利用

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95ニコンを使用していた時は、基本的にRAWで撮影し現像することが多かったのですが、FUJIFILM X100Sを使用するようになってからは、JPEG撮って出しを良く利用するようになりました。いまでも富士フイルム…

目と口

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95目と口の椅子。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

夢の世界でショッピング

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95目の輝きが違いますね。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95はどこまでも自由

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95開放からちょっと絞った画、がっつり絞った画とそれぞれに特徴があり楽しむことが出来ます。また、遠景からマクロ撮影と、距離に関してもとても自由度の高い撮影が可能です。近接でのテーブルフォト、遠…

カラフルアート...片付かないおもちゃ達

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95親に似て子どもたちも片付けが得意ではないらしいです。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

嫌煙

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95たばこは嫌い。 このような結果を生む事実があるから。

白線

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95人工的な白い色。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

三色信号カンカンカン

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95赤青黃の揃い踏み。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95のファーストインプレッション

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95 Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95を導入 マイクロフォーサーズマウントに戻ることを考えた時に、ノクトン F0.95シリーズが頭に浮かびました。 過去に「Voigtlander NOKTON 25mm F0.95」を使用していた…

OLYMPUS OM-D E-M1のフットワークの軽さは武器になる

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95持ち運べるシステムというのはやはり大きな武器になることを実感しました。 どこにでも持ち運べることと、どこでも取り出せることと撮り出せること。図らずもスマートフォンの普及によって写真を撮ると…

マイクロフォーサーズはボケないは真か

OLYMPUS OM-D E-M1 / Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95この画像を見て、ボケが足りないと感じる人は少ないと思います。マイクロフォーサーズレンズ群は総じて「寄れる」レンズが多くあります。 また、Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95のように、センサーサイ…